借りる前に自分で計算!カードローンの利息

消費者金融のカードローンや銀行系カードローンを利用する場合、自分がいくら借りたいかではなく、借りた金額のどのぐらいの利息がつくのかを計算することも重要です。

つまり利息計算のことです。
この利息計算を事前にしっかりと行っておくことが、安全にカードローンを利用するための秘訣となります。
カードローンを利用するとき、まず自分が借入れしたい金額を決定します。

また、申込先が総量規制なのか対象外になるのかチェックしておきましょう。
消費者金融が総量規制になり銀行系カードローンが対象外です。
消費者金融の場合は年収によって借りられる金額が制限されます。
制限枠以上借りたいのであれば銀行系カードローンに申し込みましょう。
上限額が大きいので大口融資を利用したい方に人気が高く比較的金利が低いので、お金を返しやすいところがポイントです。

もちろん、どちらを利用するにしても利息がどのぐらいになるかを計算しなければなりません。
利息計算は⇒利息=元金×金利×借入期間ですから、ここに自分の条件を当てはめてみれば、自分の利息がどうなるかが分かります。
さて、利息がいくらになるかは、融資額次第ではありません。

利息計算でみるとおり、どのぐらいの期間で借金を返済するかにかかっています。
つまり借入期間が長いと払う利息も多くなり、逆に借入期間が短いと払う利息も少なくなるということです。
これを念頭に置いて、できるだけ借入期間が短くなるようにする必要があります。

もし借入期間を短くできない場合でも、一括返済や繰上げ返済などを利用することで、お金に余裕があるときに多く返すという方法によって利息の負担を減らすことができます。
こうした方法があることも覚えておく必要があります。

一方、返済期間を短くするということは、月々の返済額が多くなることでもあります。
その場合は、借金の返済が月々の家計を圧迫することになるので、その点もよく考えておかなければなりません。
なるべく早く返せるように努力しつつ、家計も圧迫しないですむよう、そのちょうどいいバランスで返済計画を立てることが大切です。
カードローン会社によっては無利息期間を設けているところもあります。

この無利息期間というのは、一定期間内であれば利息を支払わなくていいというサービスのことです。
利息が発生しない期間で完済できる金額を借りておけば借りた金額のみ返せばいいのでおすすめです。
このサービスのあるところなら利息負担を軽くすることができるので、カードローンを利用するときの選択肢に入れておきましょう。
カードローンは必要資金が足りないときに少額から借りられる便利なサービスです。

しかし借りすぎて返済ができない事態に陥らないように注意しなければなりません。
延滞期間があると、今後のカードローン申込やクレジットカードの審査に通過できない可能性が非常に高いです。
そうならないために返済シュミレーションを利用して計画的に借りましょう。

sck1107-ggw01-02短時間で借りられるネット申込の方法を紹介中!